日記

体調不良のとき、自分を責めるクセ

これは私の得意ワザの一つですが、、自分の体調が悪いときに、自分をとことん責めるクセがあります。

ショックなことがあって怖れがブワッと出ると、治りかけてた咳が完全復活!

あっという間に咳コンコンモードになりました(汗)

こんな自分はダメだと思い、「なんて役に立たない身体なんだ!」と私の中の私が叱責します。

そうなると、咳がさらにエスカレートして止まらなくなる始末でした^^;

このままだと下手すると吐くか、咳のしすぎでアゴが外れて病院に行きそう。

冗談抜きでヤバタニエン。

ここで、私の中で責めるのが上司で、責められるのが部下だったらどうなんだろうと想像しました。

上司が私が咳をすると叱るわけです。

「咳ばっかりして仕事ができない、なんて役に立たない部下なんだ!」と。

部下はおびえて余計に咳が出てビクビクしてしまうわけ。

こんな上司は嫌ですね。。

そこで、上司を優しくしてみました。

「咳しているから、無理しなくて、治ってから働いていいよ」(にっこり)

部下は罪悪感を感じつつ、

「だけど、いつ治るか分からないんです。ゲホゲホ」

上司は続けて

「だとしたら、あんまり無理しないで、できる範囲でいいからね」

って優しくしてくれます。

部下は安心して咳がちょっと治まってきました。

というストーリーを頭の中で描きました。

これで実際に現象として、激しい咳が収まってきたので、どんだけ自分で感情を生み出して悪影響を与えているんだ~という気持ちにもなった。。

いろいろあるのに進まないのが、もどかしいのは分かるが。。

また同様のことが起きた時、上司と部下バージョンに置き換えてみようかなぁと思いました。

おすすめ記事
一悟術ヒーラー&リーダー
結城紗英
日本古来より伝わる一悟術ヒーリングとリーディングを提供しています。 本来の自分の輝きを取り戻すサポートをします。 ※傷ついたインナーチャイルドを癒す 一悟術ヒーリングの解説はこちらをクリック
\ Follow me /